【DTMer必見!!】Roland A-49にぴったりのケースを見つけた件

DTM
スポンサーリンク
迷える人
迷える人
Roland A-49のケースないなぁ
迷える人
迷える人
49鍵のキーボードケース欲しいなぁ

こんにちはsijiminiです。

Roland A-49を使っている人は多いけど、純正のケースがないから持ち運びに困っている人も多いと思います。

なので、今回はRoland A-49に使えるケース見つけたので紹介したいと思います。

この記事でわかること

  • Roland A-49に使えるケースがわかる
  • 49鍵盤のキーボードのハードケースが見つかる

 

sijimini

2000年生まれの現役大学生。ピアノ歴は10年以上、DTM歴は2年です。音楽や良品などの情報を発信しています!

結果:エアガンのライフルケース

自分が買って一番良かったものはエアガンのライフルケースでした。

  • 価格:¥10800
  • 外寸:1000×285×100mm
  • 内寸:970×260×90mm
  • 重量:約5.5kg
  • 素材:アルミ、MDF合板他

 

色合いは一般的なエフェクターケースと同じ色をしているため、楽器のケースとして使っても違和感はないです。

素材は主にMDF合板(プラスチック)を使い、フレームにはアルミが使われています。

軽量化の工夫はされていますが、重量は約5.5kgとかなり重い印象です。

sijimini
sijimini
ハードケースだということを考えれば、そこまで重くはないかな

中身はクッション材とベルトが付いているため、耐衝撃性に優れています。

またクッション材が余分に入っているので、自分でカスタマイズすることも可能です。

内寸が970×260×90mmとRoland A-49よりも大きいためスペースが空きます。

そのスペースにはオーディオインターフェイスやミキサー、ヘッドホンなどを入れることができます。

実際の使い方

自分は主にライブでの持ち運びとセッティングなどに使っています。

上のような感じでセッティングすることが大半です。

パソコンや他のキーボードなども置くことができるため、汎用性が高く、これひとつでライブができます。

収納する際はクッション材を切って配置することで、耐衝撃性を高めることができます。

ポイント

  • クッション材とベルトが付いているので、耐衝撃性は高い
  • Roland A-49だと少しスペースが開く
  • 180度に開くので、ライブなどでも使いやすい

他製品との比較

ここで49鍵盤用の他製品と比較をし用と思います。

比較するものは以下4つです。

  1. エアガンのライフルケース
  2. UDG U8306BL Creator 49鍵 キーボード ハードケース
  3. SKB SC3212 49鍵用キーボードケース
  4. SKB キーボード用 防水ハードケース 49鍵向け

 

この4つを「値段」「サイズ」「重量」「耐衝撃性」の面から比較していこうと思います。

それぞれの「値段」「サイズ」「重量」「耐衝撃性」は以下になります。

「値段」「サイズ」「重量」「耐衝撃性」をそれぞれ比較すると

値段

4番目以外はほぼ同じですね。

どれも¥10000を超えているので、ソフトケースよりは高い印象です。

サイズ

Roland A-49のサイズは836×182×84mmなので、UDGのケースとSKBのSC3212以外なら収納可能です。

ライフルケース以外は縦幅にかなりの余分があるので、クッション材などで調節する必要があります。

迷える人
迷える人
4番目のSKBのキーボードケースならパッドが付属しているので、調節が簡単だぁ

ライフルケースは横幅に余裕があるので、他のものも一緒に入れることができます。

他の人気な49鍵盤のキーボードのサイズも載せておきますね。

  • M-AUDIO Keystation49 mk3 USB MIDIキーボード 49鍵:822x68x189mm
  • KORG ( コルグ ) / MICROKEY2-49 AIR MIDIキーボード ワイヤレス:709×139×54mm
  • Native Instruments ( ネイティブインストゥルメンツ ) / KOMPLETE KONTROL A49 キーボード:820x257x 89mm
  • NOVATION ( ノベーション ) / Launchkey 49 MK3 MIDIキーボード:258×789×77mm

重量

4>1>3>(2)の順番に重量が大きいです。

持ち運びの際の利便性に関わるので重要な要素ですが、軽いと耐久性が心配になるので、悩みどころですね。

耐衝撃性

正直、UDGのケース以外はどれも一緒かなと思いました。

UDGのケースは外側がソフトに作られているので、強い衝撃にはあまり強くない印象です。

それ以外のものは硬さがあり、中のクッション材もしっかりしているので、どんな衝撃にも対応できると思います。

sijimini
sijimini
結局は値段によるのかなぁという印象でしたね。

最後に

いかがだったでしょうか。

Roland A-49は純正のケースがないので困っている人も多いと思います。

自分的にライフルケースはかなり良かったと思います。

値段とデザインの面が特に気に入っています!

皆さんの参考になれば嬉しいです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました