【練習に最適!!】僕がピアノ初心者もアドリブ練習をするべきだと思う理由

スポンサーリンク

こんにちはsijiminiです。

今回は「僕がピアノ初心者もアドリブ練習をするべきだと思う理由」を説明しようと思います。

またこの記事は初心者のみならず、中級者の方にも当てはまる点が多いのでしっかり読んでみてください!

アドリブ練習の効果

まず、アドリブ練習の効果についてまとめると、

  • 表現力の向上
  • モチベーションアップ
  • スケールやコード進行を覚えられる

上記は初心者の方や中級者の方が欲しい力ではないでしょうか。

この効果が得られる理由を一つずつ解説していきます。

表現力の向上

表現力が向上する理由としては、「自分でフレーズを作るから」です。

自分でフレーズを作ることで、フレーズに対して感情を出しやすくなります。

表現力とはフレーズに対してどれだけ感情を込めることができるかで決まります。

だから、その練習の第一歩として「自分でフレーズを作る」ということは表現力を鍛えるために効果的だと言えます。

モチベーションアップ

日々楽譜に載っている曲ばかりを練習していると、必ず飽きがきます。

その理由の一つとして、完成形がわかってしまうからです。

ですがアドリブは自分で作るので、毎回違うものにすることができます。

だから、飽きることなく楽しく練習することができます。

スケールやコード進行を覚えられる

スケールやコード進行の勉強法は様々にあります。

しかし、スケールやコード進行は多種多様にあるため、挫折してしまう人がとても多いです。

それを楽しく覚えることがで来るのが「アドリブ」です。

アドリブを行う際にはスケールやコード進行を把握しておかなければいけません、

アドリブはこの覚える工程が楽しくできるのでとてもおすすめです。

アドリブ練習の簡単なやり方

アドリブの練習法は意外と簡単です。

ステップはたった3つしかないので、是非実践してみてください!

ステップ1 コード進行を調べる

まず、適当にコード進行を調べます。

どれがいいのかわからない方は「好きな曲名 コード」と調べましょう。

そうするとコード進行のページに行くことができます。

ステップ2 コード進行にあったスケールを選ぶ

コード進行にはそれぞれ対応したスケールがあります。

一つの簡単な見分け方として、コードのルート音をみましょう。

そのルート音が全て入っているスケールがそのコード進行のスケールである場合が多いのです。

ステップ3 左手コード進行、右手スケールで弾いてみる

あとは引いてみるだけです。

最初のうちは慣れていないことが多いので、左手はルート音のみ弾くことをお勧めします。

より詳しく解説している記事もありますので、よければ確認してみてください!

【ピアノ初心者も必見!?】アドリブ入門(動画付き) メジャースケール編

【ピアノ初心者も必見!?】アドリブ入門(動画付き) マイナースケール編

最後に

いかがだったでしょうか。

アドリブはコアな人がするイメージがありますが、意外と簡単です。

一度覚えるとあとは思うがままに演奏することができるので、是非練習がてらやってみてください!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました