【比較】WindowsとMacの両方を使ってみて

商品
スポンサーリンク

こんにちは、sijiminiです。今回はWindowsとMacの両方を使ってみて、どちらがオススメかを紹介しようと思います。

どちらがオススメか

基本的に用途によりますが、それぞれのオススメする人は以下になります。

Windows→ゲームを楽しみたい、汎用性の高いPCを使いたい、

Mac→作業性の高いPCを使いたい

今回はなぜ、このような人にオススメするのかを

  1. 2つの大きな違い
  2. それぞれのメリット、デメリット

の2つの視点から解説していこうと思います。

2つの大きな違い

OS

一番大きな違いです。Windowsはマイクロソフト社が開発しているOS。MacはApple社が開発しているOSを使用しています。シェア率はWindowsの方が高いです。

キーボード配列

キーボードの配列が違います。Windowsで使っていたキーボード使っていたキーボードはそのままは使えないです。また、Macでは入力した文字の変換が勝手にされます。慣れるまでは大変ですが、慣れれば、Macの方が楽になります。

使えるソフトウェアの種類

圧倒的にWindowsの方が多いです。最近はマックで使えるソフトも増えてきましたが、まだまだ差はあります。

また、Macではゲームが全然出来ません。Windowsしか対応していないものが多いので、流行りのPCゲームがしたい方はMacは向いてないです。

MacはAirdropが使える

Macは画像の移動などに便利なAirdropが使えます。これにより、画像などのファイル扱う作業においては高い効率で出来ます。

それぞれのメリット、デメリット

WindowsとMacそれぞれを比較したときのメリット、デメリットをまとめおくと以下になります。

Windows

メリット

  • 使えるソフトウェアが多い
  • 値段が安いものが多い
  • 好みのデザインや性能の幅が広い
デメリット

  • 安全性が低い
  • Mac専用のアプリケーションを作るのが難しい

Mac

メリット

  • iPhoneやiPadとの連携がしやすい
  • Mac専用のアプリケーションが優れている(Logic Pro X、Final Cut Pro Xなど)
  • プログラミング言語は基本的に対応している
  • デザインが洗練されている
デメリット

  • 出来るゲームが少ない
  • 価格が高い
  • MacBookだと端子が少ない
  • ファイルの管理が面倒

結論

上記の2つの視点から見ると、Windowsはソフトウェアやゲーム、シェア率などの点が優れており汎用性が非常に高いPCです。

一方、MacはAirdropによるファイル移動や、iPhone などとの連携、プログラミング言語への対応などの点で優れており、作業に特化したPCとなっています。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回の内容をまとめると

  • Windowsは汎用性が高い
  • Macは作業性が高い

ということです。この内容が皆さんのためになればいいなと思います。

是非、自分の用途に合ったものを選んでください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました