【徹底比較】ノートパソコンとデスクトップパソコンはどちらを選ぶべきか

商品
スポンサーリンク

こんにちはsijiminiです。今回はノートパソコンとデスクトップパソコンのどちらを購入するべきか迷っている人に向けての記事になります。

僕はノートパソコン(Windows)を1年以上、デスクトップ(iMac)を1年以上使用しています。

結論:用途による

結論から言うと、用途によります。

ここからは

  1. ノート、デスクトップそれぞれのメリット、デメリット
  2. 主な用途

の2つの項目を述べて、理由を解説します。

ノート、デスクトップそれぞれのメリット、デメリット

まず、それぞれのメリット、デメリットについて述べます。

ノートパソコン

メリット

  • 持ち運びが楽
  • 基本価格がデスクトップより価格が安い
  • 場所を取らない

デメリット

  • スペックを求めると、デスクトップには劣る
  • カスタマイズは難しい

デスクトップパソコン

メリット

  • スペックが基本的にノートパソコンよりも高い
  • カスタマイズがしやすいものが多い(Windowsのみ)
  • 値段の幅は広い<
  • /ul>

デメリット

  • 持ち運びはできない
  • 本体だけでは使えねい
  • 置き場所に困る(iMacは困らない)

比較

2つを比較すると、持ち運び性能以外はデスクトップに軍配が上がるようです。

しかし、今のノートパソコンも進化を続けているため、基本的にノートパソコンで十分なことが多いです。

画面サイズとかは?と思った方へ

この疑問を抱いた人は多いのではないでしょうか。そんな方は、ノートパソコンの方が画面が小さいと考えていると思います。

しかし、現代ではノートパソコンのデスクトップ化は簡単にできるので、デメリットにはなりません。

主な用途

主な用途をまとめると以下になります。

  • ノートパソコン→仕事などの作業や、動画などの閲覧 など
  • デスクトップパソコン→高スペックが求められるゲームや作業をする、自分で組み立てるため など

上の用途を見ていただくと分かるとおり、結局のところスペックの高いものが必要かどうかによります。

DTM、動画編集、画像編集などある程度スペックが必要なものでも、スペックの高いノートパソコンであればこなせます。

しかし、グラフィックの綺麗なゲームなどは、ノートパソコンにもよりますが無理があります(自分のPCで試行済み)。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回の内容をまとめると以下になります。

  • 基本的にノートパソコンで十分
  • ゲームなどの高スペックを要するものはデスクトップ
  • 画面のサイズなどで悩む必要はない

皆さんも用途に沿ったものを選んで快適に過ごしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました