【ピアノ初心者も必見!?】アドリブ入門(動画付き) メジャースケール編

ピアノ
スポンサーリンク

こんにちはsijiminiです。今回は敷居が高いと感じている人が多い、アドリブについて解説していきたいと思います!

自分のピアノ歴はピアノ教室6年、独学が4年の10年となっています。アドリブを身につけたのは独学が2年目の時だったので、簡単にお伝えするにはちょうどいい期間だと思います。

アドリブをしてみたい人が抱える悩み

アドリブをしてみたい人の多くはこんなことを思っている人が多いと思います

  • アドリブをしたいけどやり方がわからない
  • 実際に調べてみたけど難しそうだからやめた

 
などが、アドリブ挫折の原因になっていると思います。

しかし!アドリブは意外と簡単であり、できるようで音楽的なメリットが多くあります。

例えば

作曲ができるようになる
アレンジ(編曲)をするための足がかりになる
耳コピへの第一歩を踏み出せる
「なんか弾いて」への対応
 
などなど、ピアノを弾いている人が欲するものが多く手に入ります!

実際のやり方

それでは実際どんな風にアレンジをしていくかを解説していきたいと思います!

基本知識

まずは基本の知識をさらっと学びましょう。

曲を構成するのはメロディとコード進行です。

メロディ‥‥基本的にスケール(音階)の音をなぞって弾くもの
コード進行‥‥伴奏に使うもの。決まった流れに沿ってコードを弾けばいいもの

とりあえずこんな感じで覚えていたらいいです。あまり難しく考えても先に進まないので、この辺の知識は後々しっかり学べば大丈夫です。

レッスン

今回はステップを4つに分けて解説していきたいと思います。

ここで使うスケールはCメジャースケール、コード進行はC(ド)→G(ソ)→Am(ラ)→F(ファ)とします。

メロディに関しては上記の画像の中から適当に音を選んで弾く感じで大丈夫です。メロディの具体的な知識に関してはステップを全て終えてから取り掛かるくらいの気持ちで大丈夫です。

では、動画を参照しながらやってみましょう!

ステップ1 ルート弾き(根音)+メロディ

↓動画はこちらをクリック

step1

ルート音とはCコードならド、Fコードならファといった音になります。左手のルート音は後々のために小指で弾くといいです。

ステップ2 パワーコード+メロディ

↓動画はこちらをクリック

step2

さっきより響きが複雑になります。テンポはゆっくりでいいので確実にこなしましょう。

ステップ3 オクターブ+第5音の四つ打ち+メロディ

↓動画はこちらをクリック

step3

ステップ2のパワーコードに1オクターブ下のルート音を加えます。指を開く形になるので女性の方はきついかもしれません。しかし響きはより強いものになるので弾いていて楽しいと思います。

ステップ4 アルペジオ+メロディ

↓動画はこちらをクリック

step4

いよいよ今回ラストのステップです。ここから左手にも動きをつけていきます。難しく考えず、ゆっくりからやってみましょう。滑らかな旋律がとても心地の良いものになります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は基礎的な部分のみでしたが結構楽しめたのではないでしょうか。メロディを自分で好きなように変えることで自分だけの曲ができる実感を味わえます。メロディやコードの組み合わせはとても多いので自分で調べてコード進行などを調べて、今回と同じように練習していただけると楽しいかと思います。是非、練習を頑張ってみてください!

コメント

  1. […] 【ピアノ初心者も必見!?】アドリブ入門(動画付き) メジャースケール編 […]

  2. 【練習に最適!!】僕がピアノ初心者もアドリブ練習をするべきだと思う理由 | シジミにブログ より:

    […] 【ピアノ初心者も必見!?】アドリブ入門(動画付き) メジャースケール編 […]

タイトルとURLをコピーしました